占い 手相占い 占星術 東京

ウマ師のインド式手相鑑定部屋


トップページ占いの基礎知識体験記対面鑑定郵送鑑定スクール取材記事会社概要お問い合わせ



インド手相術は肉体と魂とそれを操作している神(惑星)を割り出す科学のような技術です。手相にはさまざまな線やしるし、惑星のオカという特徴があります。
インド占星術では太陽・月・火星・水星・木星・金星・土星・土星の中にラフー・ケトゥーの9つの惑星エネルギーの状態を見ます。 これらを組み合わせることによりより正確な未来を導き出します。


インド式手相術はこちらから

インド式占星術とは?

 

 インド占星術は、今から約5000年前、リシと呼ばれる聖者たちによって、見出されたと言われています。彼らは深い瞑想の中で、自然界と、その中で生まれそして死んでいく私たち人間との間に存在する、ある種の因果関係を観てとったのです。

 その因果関係とは、とくに人間の運命と惑星との関係であり、この知見は、惑星の運行を計算することによって、私たちの運命についての予言を可能ならしめ、またアーユルヴェーダ医学と併用されることによって「完全な治療」を実現したのです。

  この技術は中東、そしてヨーロッパにまで伝えられ、西洋占星術に姿を変えました。近代ヨーロッパでは、惑星の運行計算と、望遠鏡による観測とが結びついて近代天文学が誕生しました。が、天文学の発展の一方、占星術においては、その目的であり一番重要であろう惑星と人間との関係性は、ほとんど論じられることがなくなってしまったのです。

  しかし、そうした西洋的合理主義におかされていない占星術がインドにはまだ脈々と受け継がれています。人々の運命を読み取り、様々なトラブルを未然に防止すべくアドバイスすることを生業とする占星術師たちが今も活躍しているのです。
””
””


占星術基礎紹介!

惑星の吉凶

 インド占星術では、あなたが生まれたときの天体の様子を1枚の「チャート」に表します。 チャートとは、地球を中心とした天体の動きを12の部屋に分割したもので、一つの部屋に一つの星座が当てはめられます。北インド式は左回り、南インド式は右回りなど、いくつかの方式があります。どの部屋にどんな星があるかによって、その人の運勢を占うことができます。

 星々は、人生に様々な影響をもたらします。たとえば、それぞれの星には「吉凶」があると考えられています。水星・木星・金星は「吉星」、火星・土星は「凶星」です。ただ、単純に吉凶が分けられるものばかりではありません。

 月は満ちていくときに「吉星」になり、欠けていくときに「凶星」になります。水星は本来「吉星」ですが、まわりの惑星の影響を受けやすく、凶星と一緒の部屋に位置すると「凶星」になってしまいます。その星の位置によっても影響の仕方(吉凶)は変わってきます。「凶星」と言われる土星も、よい部屋にあるとよい影響を与えます。水星、木星、金星、土星は特に強い影響力を持つ惑星です。いずれかの星のよい影響力が弱まると、人生に悩みを生じさせる原因となります。

 この4つの星のよい影響を凶星が邪魔することがあります。たとえば、凶星のケートゥが悪い位置にあると、金銭運、結婚運、子供運など、何か一つ欠ける運勢が生じると言われています。金銭的には裕福な結婚をしながら、子供に恵まれないなどの場合は、凶星の影響の可能性があると考えられるのです。
””
惑星 惑星の吉凶 人への影響
太陽 「肉体」に関係する惑星
満ちていく月…吉 欠けていく月…凶 「心」に関係する惑星
火星 「立ち向かう勇気」を司る星
水星 単独では吉だが、
凶星と一緒になると凶となる
「物事を深く考える知恵」を司る星
木星 「グル(師)」に関係する惑星。
霊性・精神的豊かさをもたらす星
金星 「物質的願望」「お金と欲」に強くなる星
土星 凶にも吉にもなる 「維持する力」の星
ラフー 邪心・誤った思考・判断をもたらす星
ケートゥ 行動力の減退、無気力、怠惰の星


お問い合わせ