占い 手相占い 占星術 東京

ウマ師のインド式手相鑑定部屋


トップページ占いの基礎知識体験記対面鑑定郵送鑑定スクール取材記事会社概要お問い合わせ
新着情報
  

インド手相術とは?


この手相術の発祥はインドと言われています。本場インドでは、一般の人でも
手相の基本はわかるほど生活に密着しており、占いというより、科学のひとつ
である認識がされています。
古来より、掌を見つめることで私たちは本当の人いわば掌とは、本当の人生を
映し出すオリジナルの鏡なのです。そして素晴らしいことに鏡である掌は決して
嘘をつかず、真実を告げてくれます。

インドの手相術世界では、男性は主に右手を、女性は主に左手を見るという考
えが主流です。しかし、より深くてそう術を学ぶとどちらの手も重視します。
左手は主に過去や先天的な部分を現しており、右手は後天的な未来を現して
いると考えられています。
このインド式手相術とインド式占星術を組み合わせることで、
過去・現在・未来をピンポイントにアドバイスすることが可能になるのです。
3本の基本線

手相基礎紹介


  1.線は出来るだけ真っ直ぐに伸びていると良い状態や
影響力を意味します。少し曲がっている場合は、影響力
は小さいでしょう。またギザギザや曲がり くねっている場
合は悪い状態を意味します。

 2.それぞれの指の下(指の付け根周辺)の盛り上がっ
た部分を丘と呼びます。掌の丘には、それぞれ星の名
前がつけられています。丘に盛り上がり方や、固さ、色
なども統合的に見て判断します。線と丘の両方を見る
ことで、より確実なアドバイスが可能になります。
掌の丘

お問い合わせ

有限会社 プラシャンティ ネットワーク コンサルタンシー  〒170-0013 東京都豊島区東池袋3-15-2 ライオンズマンション池袋407号室
TEL 03-6914-0331